ダイエット失敗したかも…ブス痩せの特徴5つ

   

ダイエットをがんばっているのに、誰からも「キレイになった」と言われない…なんて人はいませんか?もしかしたらブス痩せになっているかもしれません。そこで今回はブス痩せになっている人の特徴をご紹介します。




 

肌が荒れている

肌荒れ

頑張って痩せたのに、鏡を見たら肌がカサカサ!顔色もなんだか青白い…。このような状況は極端な食事制限ダイエットをしていた人に起こりがちな症状です。

特に、たんぱく質や脂質が少ないと肌に栄養が行き届かず、乾燥しがちになってしまいます。

せっかくほっそりとした体になっても、肌がカサカサなんてもったいない!お肉や魚など良質なたんぱく質を摂るだけでなく、オリーブオイルやアボカドオイルなど体に良い脂質もとるようにしてくださいね。

胸が小さくなった

ダイエットで胸が小さくなった

特にランニングや水泳など、有酸素運動を中心にしたダイエットは脂肪を燃やすのに効果的。柔らかい脂肪から燃やされていきます。

そのため、体重も体型もシェイプアップできますが、それと同時に胸も痩せやすくなるため注意が必要です。

胸痩せせずに体重や体型を整えたいのであれば、大胸筋を鍛える筋トレを行っていきましょう。

腕立て伏せやダンベル運動なども効果的ですが、肩甲骨をほぐすストレッチもおすすめ。筋肉を作ることでバストアップだけでなく基礎代謝もアップするので一石二鳥ですね。

食事に厳しくなった

食事制限

食事の見直しによるダイエットは健康的ではありますが、ストイックになりすぎていませんか?

「あれもこれもダメ」とストイックになりすぎていると、ストレスになりドカ食いやダイエット挫折に繋がりやすくなります。

また、食べるものが制限されるため、友達や彼氏との食事も楽しめなくなりますよ。「絶対に食べたらいけない」と決めるのではなく「食べても良い日」を作るようにしましょう。

もし食べ過ぎてしまった場合は翌日からヘルシーな食事にするなど、リセット日を設けるのも一つの方法ですよ。

常にイライラしている

イライラ

食べるものが少なかったり、ダイエット食が長期間続いたりすると、ストレスもどんどん溜まっていきます。

食事によるストレスはとても厄介。常にイライラしていたり、ものに当たったりと自分では気づかずに行動していることがあります。

同じものを食べ続けるのではなく、日替わりで取り入れる、毎食行うのではなく夜だけ行うなど、リズムを変えてみるのがオススメ。

また軽い運動でストレス発散するのも良いですね。

女性らしいラインがない

1044

ダイエット中に陥りがちなのが、体重にこだわりすぎるようになること。数字で表示されるためどのくらい痩せたかがはっきり分かるようになりますが、どこがどのくらい痩せたのかはわかりませんよ。

体重だけでなく鏡で自分の体を見て、どの部分をどれくらい痩せれば良いのかをチェックしてくださいね。

人気の売れてるダイエット特集!!!

シリーズ累計1億食突破!!

おいしいものを食べながら痩せたい人に!!

酵母ダイエットの決定版「プレミアム酵母」!!!

毎日サッと飲むだけで、どなたでも簡単に 炭水化物太りにさよならできます。

ムリせず痩せたい方にオススメしたい 新・ダイエットサポート酵母サプリです。

 - 基本ダイエット